サポート

  • HOME »
  • サポート

サポート
 
 
概要

JET参加者は、任用団体、担当者、上司、同僚とよく話し合い、協力して働くことが重要です。時折、問題や誤解が生じることがありますので、JET参加者や任用団体がそうした困難な問題に出会ったときに解決を支援するためのものです。

任用団体

任用団体はJET参加者の雇用主であると同時に、あなたに何か問題が起った時に一番身近にあるサポートの窓口でもあります。 分からないことがあったり、困った問題が起きて自分で解決しようとしても出来なかったときは、勤め先の担当者又同僚、教育委員会、任用団体の職員に相談してください。任用団体の職員はその地域の事情に精通しており、問題が複雑になる前に解決することが期待出来ます。

取りまとめ団体アドバイザー

取りまとめ団体にはPA(Prefectural Advisor)と呼ばれる人が配置されており、JET参加者及び任用団体からの相談への対応や情報提供を行っています。JET参加者がPAに相談する前に、まず任用団体と相談するようにしてください。

メンタルヘルスサポート
JETメンタルヘルスカウンセリング助成制度

CLAIRでは、JET参加者のメンタルヘルスに係るサポートの充実を図ることを目的として、JET参加者メンタルヘルスカウンセリング助成事業を実施しています。日本国内の医療機関又はカウンセリング専門機関などにおいて、健康保険適用対象外でカウンセリングを受けた場合、経費の50%、年間上限2万円まで助成しています。 対象となる期間は、201641日から2017331日までです。詳細については、任用団体にお問い合わせください

JETオンラインカウンセリングサービス

CLAIRが提供するJETオンラインカウンセリングサービスでは、ウェブメールとスカイプを通じ、カウンセリングを無料で受けることもできます。なお、詳しくは任用団体にお問い合わせください。

緊急事態
連絡先

緊急事態が起きたとき、JET参加者と本国にいる家族はお互いに直接連絡を取り合おうとすることが多いでしょう。しかし、連絡がつかないときは、JET参加者への電話が直接JET参加者の勤務している任用団体にかかっているかもしれません。従って、JET参加者は長期間勤務先を留守にするときは、連絡先電話番号を任用団体に知らせておく必要があります。通常、任用団体は業務上の問題が起きたときに備えて、他の職員にも同じ扱いをしています。JET参加者も同じことを要求されるはずです。緊急事態に備えて、CLAIR は任用団体にあなたの連絡先電話番号を聞いておくように強く要請しています。任用団体に連絡先電話番号を知らせるよう何回も言われて驚くかもしれませんが、任用団体はあなたのプライバシーを侵害しようとしているのではなく、予期しない事態に備えておこうとしているだけだということを知っておいてください。担当者も、JET参加者に夜間、週末、休日などの連絡先電話番号を知らせなければなりません。JET参加者も自分の担当者、上司などの緊急連絡用電話番号リストを常に持っていてください。

在日外国大使館への登録

JET参加者は在日外国大使館に登録しておくことを忘れてはなりません。緊急事態のときにJET参加者とその家族の間の連絡は在日外国大使館経由で行われることがあります。

緊急事態が発生したときの対応

緊急事態が起きたときは直ちに担当者に電話をしてください。

事情に応じて、できれば本国大使館にも直接電話すべきでしょう。

災害時ポケットガイド

日本は自然災害が多い国です。災害に備えて準備をしておきましょう。災害時に役に立つJET参加者のためのガイドブックをダウンロードしていただき、印刷して持ち歩くと便利です。

その他のサポート
東京英語いのちの電話

東京英語いのちの電話(TELL Tokyo English Life Line)は1973年に創立されたNPOです。無料の情報提供や電話でのカウンセリングを行っています。匿名のままで結構です。朝の9:00から夜の23:00まで毎日電話を受け付けています。
電話番号:03-5774-0992。

AJET ピアサポートグループ(PSG)

AJET全国役員会はJET参加者のために「AJET Peer Support Group (PSG)」という、JET参加者から機密の相談を受ける電話サービスを行っています。スタッフは専門のトレーニングを受けたボランティアで、夜の20:00から朝の07:00まで毎日電話とSkypeによる相談を受け付けています。相談内容が秘密とされ、匿名のまま処理してもらえます。
電話番号:050-5534-5566
Skypeユーザー名:AJETPSG

安否確認システム

クレアでは災害時における任用団体等によるJETプログラム参加者の安否確認を補完するために、新しいシステムを導入しました。
マニュアルは任用団体用飼料ページに掲載しています。

PAGETOP
Copyright 201a5 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)