来日直後オリエンテーション

  • HOME »
  • 来日直後オリエンテーション

来日直後オリエンテーション
4月来日者のための来日直後オリエンテーション

Post-Arrival Orientation

中国、韓国、ブラジル、ペルーから来日される新規招致者(及び英語圏の国々から参加される少数の参加者)は4月の指定来日日に来日され、1年間の任用を始めます。その他の国の参加者は、7・8月期に来日されます。

7月8月来日者のための来日直後オリエンテーション

来日直後オリエンテーション

来日直後オリエンテーションは、JET参加者が出席する最も大きい規模の研修会です。A日程・B日程で新規JET参加者が来日する日の翌日から始まり、それぞれの国から来た参加者が3日間(2次来日の場合は2日間)、東京で研修を受け、日本の全国各地に旅立ちます。

来日直後オリエンテーションの目的は新規JET参加者にJETプログラムでの生活の基礎知識を紹介することにあります。詳細は以下のとおりです。

  • 日本政府の関係者からJETプログラムでの生活について説明を受けます。
  • 関係者からJET参加者としての立場や勤務条件についての説明を受けます。
  • 再任用された先輩ALT、CIR、SEA、そしてCLAIR及び文部科学省によって、それぞれの職種に役立つ内容の分科会が行われます。
  • 全国の取りまとめ団体の担当の方と対面できる場、または同じ取りまとめ団体に行かれる新規招致者同士と会える場を提供するとともに、様々な質問ができる都道府県別ミーティングが開催されます。

オリエンテーション期間中、新規JET参加者は、日本の学校や職場での対応の仕方について、関係者及び先輩JET参加者から学びます。またその他の講師や日本人担当者と会う機会もあります。

その他の研修会

PAGETOP
Copyright 201a5 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)