参加者の声19

  • HOME »
  • 参加者の声19

参加者の声19
19:トーマ・ジャンヴィエ

■ 職種:ALT(外国語指導補助)  ■ 都道府県:千葉県  ■ 参加年度:2008年~2010年

img_thomas

JETプログラムに参加した当初、私はとてもとても不安でした。母国を離れ、まったく知らない国に行き、生活を変えたり、新しい仕事を始めたりすることは非常に心細いものでした。

しかし、高校に赴任して、教頭先生や生徒たちと顔を合わせると、すごく安心しました。みなさんがとても親切で、私の気持ちをよく理解してくれました。

一言で言うと、JETプログラムでの経験は私の人生で最高の経験でした。それまでは、まったく知らない所に行くことがそこまで満ち足りたものになるとは思っていませんでした。

仕事の面においても、JETプログラムでフランス語と英語を教えるフランス人のALTとして素晴らしい経験をすることが、「日本で先生をする」という自分に合った仕事を見つける最もいい方法だったと思います。JETプログラムは私にとって初めての働く経験であったにも関わらず、任用された初日から最後の日まで、全てが順調でした。今振り返っても、良くない思い出は1つもありません。また、同僚も私のことを信頼して、責任ある仕事をいくつも任せてくれました。私はALTとして働いていましたが、担当するクラスでは、ほとんどの業務に関わらせてもらい、とても有意義でした。

そして、精神面においても、JETプログラムを通じてそれまで知らなかった国を知り、新しい人々と出会い、食べたことのない料理を食べ、聞いたことのない音楽を聴き、想像もしなかったような所に行き、住んだことのないところに住むことができ、非常に満ち足りた経験をすることができました。

現在は別の仕事をしていますが、今でも日本に住んでいます。それはJETプログラムを経験したからこそです。大学生になったかつての教え子達とはずっと交流を続けており、共に過ごした素晴らしい思い出は今でも大切な宝物です。みなさんもJETプログラムに参加して、「日本で教える」という貴重な経験をしてみてはいかがでしょうか。

その他の参加者の声

PAGETOP
Copyright 201a5 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)