CLAIRニュース令和3年2月号

  • HOME »
  • CLAIRニュース令和3年2月号

CLAIRニュース令和3年2月号

メニュー
新型コロナウイルスに関する情報について

新型コロナウイルス感染症に係る政府の緊急事態宣言に関して、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の10都府県の緊急事態宣言の期間を3月7日まで延長し、栃木県については2月7日で解除されることが、2月2日に政府から発表されました。

なお、「対策の効果が更に明らかなものとなり、現状が改善された都府県については、3月7日の期限を待たずに、順次、宣言を解除すること」についても併せて政府から発表されています。

不要不急の外出の自粛のほか、『3つの密』の回避、マスクの着用、手洗いをはじめとした基本的な感染対策の継続が求められています。

緊急事態宣言の対象地域以外においても、自治体が、住民に対する独自の呼びかけをしていることがありますので、詳細については、政府、各自治体などのホームページなどから情報収集してください。

〇首相官邸、内閣官房HP
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
https://corona.go.jp/emergency/

クレアは新型コロナウイルス感染症に関する日本国内の最新情報について、以下のホームページで発信していますので確認してください。(多言語対応)
http://www.clair.or.jp/tabunka/portal/info/contents/114517.php

NHK WORLDでも新型コロナウィルスに関する情報が提供されています。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/tags/82/ 

NHK やさしい日本語
https://www3.nhk.or.jp/news/easy/k10012293221000/k10012293221000.html

英語圏(ALT・CIR)・少数(ALT・CIR)・SEAの再任用対象者の変更(追加)について

新型コロナウイルスの感染拡大や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期といった昨今の状況に鑑み、5年目又は6年目のJETプログラム参加者について任用団体と合意に至った場合に、合意した条件においてこれまでご案内していたJETプログラムへの9月12日もしくは9月30日までの参加に加え1年間の参加を可能とする対応を行います。

本手続に係る通知につきましては1月下旬に各任用団体にお送りしています。本件について質問がありましたら、任用団体の担当者にお問い合わせください。

もし本件に係る任用条件に関する書類を受け取られているようでしたら、内容をよくお読みいただき、任用団体の提示する条件について確認を行ったうえで意思表示を行ってください。

http://jetprogramme.org/ja/reappointment/
(パスワード:クレアニュースのメール版を確認して下さい。)

安否確認システム及びJETプログラム参加者連絡先情報登録について

安否確認システム及びJETプログラム参加者連絡先情報サイトに必ず登録していただきますようお願いします。それぞれのウェブサイトのリンクは下記のとおりです。

安否確認システム
https://asp2.emc-call.jp/clair/
または
https://asp2.emc-call2nd.jp/clair/
ログインID及びパスワード: JET番号の頭2桁(20)を除いた後の数字

JET参加者連絡先情報サイト https://goo.gl/u1gVT2

ログインID: JET番号(20から始まる11桁)

パスワード: 生年月日(YYYYMMDD)

安否確認システムの運用変更に伴い、通知をしておりますので、任用団体から通知と操作説明書が送付されます。既に連絡先を登録していると思いますが、この機会に登録した連絡先を必ず確認してください。

なお、便宜上、IDとパスワードは初期設定にしておりますので、連絡先を確認する際に、パスワードを変更してください。
操作説明書には、安否確認の際の回答手順や伝言メモの使用方法も掲載しておりますので、有効に活用してください。

メンタルヘルスサポートについて

CLAIRでは、JETプログラム参加者のメンタルヘルスに係るサポートの充実を図ることを目的として、JETプログラム参加者メンタルヘルスカウンセリング助成事業を実施しております。日本国内の医療機関又はカウンセリング専門機関などにおいて、健康保険適用対象外でカウンセリングを受けた場合、経費の50%、年間上限3万円まで助成しています。対象となる期間は、2020年4月1日から2021年3月31日までです。助成申請書の提出については、任用団体経由で2021年4月9日(金)まで御提出ください。

また、CLAIRが提供するJETオンラインカウンセリングサービスでは、ウェブメールとスカイプを通じ、JETプログラム参加者が無料でカウンセリングを受けることもできます。

ご利用の際は以下のURLにアクセスし、ログインパスワードを記入し手順に従って会員登録を行ってください。スカイプによるカウンセリングは2020年4月1日~ 2021年3月31日の期間中、7 回まで利用できます。まずはウェブメールカウンセリングを利用しましょう。

更に、上記のウェブメールとスカイプによる相談に加えて、月に1回、予約なしで利用できる専用のフリーダイヤルも設置しました。更に、臨時サービスとして、1月13 日から3月3日までの期間は、毎週水曜日に実施しますので、メンタルに不安を抱えるJETプログラム参加者の方は、遠慮なくご活用ください。

(電話受付日:毎月第3水曜日、受付時間:17:30~21:00)
※令和2年度実施日(1月からの実施日)
1月13日、1月20日、1月27日、2月3日、2月10日、2月17日、2月24日、3月3日、3月17日

ウェブメールカウンセリング
パスワード:クレアニュースのメール版を確認して下さい。
英語サイト:https://www.kokoro-soudan.net/en/
日本語サイト:https://www.kokoro-soudan.net/

スカイプカウンセリング
パスワード:クレアニュースのメール版を確認して下さい。
英語サイト:https://www.service-fismec.net/inquiry-eng/login/ 
日本語サイト:https://www.service-fismec.net/inquiry-ftof/login/

電話によるカウンセリング
電話番号:0120-810-803
(予約不要、通話料無料でご利用いただけます。)
※1日のうち1人あたり1回まで(年間を通した相談回数の制限はありません)
※電話回線については3回線用意しておりますが、一時的に相談が集中した場合、電話が繋がりにくい状況になり得ますので、ご了承ください。

令和2年度日本語能力試験(JLPT)受験料助成事業

令和2年度第2回日本語能力試験(2020年12月6日(日)実施)の助成申請の締切は、2021年02月26日(金)です。受験料助成申請書は以下のURLからダウンロードできます。

http://jetprogramme.org/ja/jlpt/

JETプログラム日本語講座 (初、中、上級)

オンライン日本語講座の受講申込みが可能です。JETプログラム公式サイトにある日本語講座コースガイドを確認し、連絡先情報登録サイトから申し込んでください。10日までに申し込むと、翌月の一日から講座が始まります。
開始後計画的にレッスンを進めてください。

deli3.study.jp/?multi
jetprogramme.org/ja/languagecourses/

JET Programme Voicesの原稿募集について

読売新聞社の協力で「JET Programme Voices」というコラムを、定期的に英字新聞「ジャパン・ニューズ」に掲載し、JETプログラム参加者の経験談を世界各国の読者にお伝えしています。原稿の提出方法等についてJETプログラムのホームページに掲載しています。

http://jetprogramme.org/ja/jetvoices

本国での納税義務

本国での税金に関する手続きは、各JET参加者が各自の責任で行います。その際、源泉徴収票が必要となりますので必ず受け取り保管しておいてください。詳しくは2020年版JET参加者ハンドブック(GIH:62ページ)をご参照ください。

jetprogramme.org/ja/gih/

在留期間・資格の更新

4月来日のJET参加者へ

在留期間の更新時期が近づいているので、必ず在留カードで確認してください(特に3年目で再任用をする予定のJET参加者)。在留期間の更新や在留資格の変更については、2020年版JET参加者ハンドブック(GIH:68ページに情報が載っていますので、参照してください。更新しないと帰国せざるを得なくなる場合があります。

http://jetprogramme.org/ja/gih/

令和2年度JETプログラム終了前研修及び
2020年JETプログラムキャリアフェアの開催について

2021年に任期満了予定のJET参加者を対象に、JETプログラム終了前研修及びJETプログラムオンラインキャリアフェアを開催します。(イベントへの参加募集は終了しました。)1月22日(金)に、応募者に対して参加に関するメールを送付していますので、このメールをまだ受信していない方はafterjet@clair.or.jpへご連絡ください。

JETプログラムを終了するにあたっての諸準備

2021年にJETプログラムを終了する方は、JETホームページに掲載されている「After JET Guide(JET終了者ガイド)」をご参照ください。後任者への引き継ぎ、住居からの引越し、逆カルチャーショックの対処方法、JET終了後のキャリア形成について等、様々な情報が掲載されています。

http://jetprogramme.org/ja/ajg/

年金脱退一時金

4月にJETプログラムを終了し帰国するJET参加者は、年金の脱退一時金を受け取ることができます。詳しくは2020年版JET参加者ハンドブック(GIH)JET参加者用ハンドブックの168ページをご参照ください。

jetprogramme.org/ja/gih/

もっと詳しい情報を知りたい方は次のリンクをアクセスしてください。
https://www.nenkin.go.jp/international/english/index.html (英語)
https://www.nenkin.go.jp/index.html (日本語)

Japanese for JETsとJapanese for CIRsについて

クレアでは、JETプログラム参加者の日本語学習をサポートするためのテキストを提供しております。「Japanese for JETs」及び「Japanese for CIRs」を以下のウェブページに掲載していますので、ご覧ください。

http://jetprogramme.org/en/japanese-for-jets/
(パスワード:クレアニュースのメール版を確認して下さい。)

PAGETOP
Copyright 2015 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)