CLAIRニュース令和2年4月号

  • HOME »
  • CLAIRニュース令和2年4月号

CLAIRニュース令和2年4月号
メニュー
メンタルヘルスサポートについて

CLAIRでは、JET参加者のメンタルヘルスに係るサポートの充実を図ることを目的として、JET参加者メンタルヘルスカウンセリング助成事業を実施しております。日本国内の医療機関又はカウンセリング専門機関などにおいて、健康保険適用対象外でカウンセリングを受けた場合、経費の50%、年間上限3万円まで助成しています。対象となる期間は、2020年4月1日から2021年3月31日までです。助成申請書の提出については、任用団体経由で2021年4月9日(金)まで御提出ください。

また、CLAIRが提供するJETオンラインカウンセリングサービスでは、ウェブメールとスカイプを通じ、JET参加者が無料でカウンセリングを受けることもできます。ご利用の際は以下のURLにアクセスし、ログインパスワードを記入し手順に従って会員登録を行ってください。スカイプによるカウンセリングは2020年4月1日~ 2021年3月31日の期間中、7 回まで利用できます。まずはウェブメールカウンセリングを利用しましょう。

更に、上記のウェブメールとスカイプによる相談に加えて、月に1回、予約なしで利用できる専用のフリーダイヤルも設置しました。
(電話受付日:毎月第3水曜日、受付時間:17:30~21:00)
4月には、15日(水)に加えて、臨時で、22日(水)と28日(火)にも同じ時間帯で利用できますので、メンタルに不安を抱えるJET参加者の方は、積極的にご活用ください。

ウェブメールカウンセリング

パスワード:クレアニュースのメール版に確認し、または任用団体へ伺いて下さい。
英語サイト:https://www.kokoro-soudan.net/en/
日本語サイト:https://www.kokoro-soudan.net/

スカイプカウンセリング

パスワード:クレアニュースのメール版に確認し、または任用団体へ伺いて下さい。
英語サイト:https://www.fismec.co.jp/hiroba/en/secure/
日本語サイト:https://www.fismec.co.jp/hiroba/secure/

電話によるカウンセリング

電話番号:0120-810-803
(予約不要、通話料無料でご利用いただけます。)
※1日のうち1人あたり1回まで(年間を通した相談回数の制限はありません)

安否確認システム及びJET参加者連絡先情報登録について

安否確認システム及びJET参加者連絡先情報サイトに必ず登録していただきますようお願いします。それぞれのウェブサイトのリンクは下記のとおりです。

安否確認システム

https://asp2.emc-call.jp/clair/
または
https://asp2.emc-call2nd.jp/clair/

ログインID及びパスワード: JET番号の頭2桁(20)を除いた後の数字

JET参加者連絡先情報サイト https://goo.gl/u1gVT2
ログインID: JET番号(20から始まる11桁)
パスワード: 生年月日(YYYYMMDD)

新型コロナウイルスに関する情報について

クレアは新型コロナウイルス感染症に関する日本国内の最新情報について、以下のホームページで発信しています。(多言語対応)

http://www.clair.or.jp/tabunka/portal/info/contents/114517.php

なお、上記ホームページにおいて、下記2点の追加更新についてご案内いたしますので、適宜ご利用ください。

(1)新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の感染状況を踏まえて、特定非営利活動法人 AMDA 国際医療情報センターにより、新型コロナウイルス等に関する多言語電話相談窓口が開設されました。下記のFacebookよりご利用いただけます。

<新型コロナウイルス多言語相談センター>

https://www.facebook.com/tagengosoudan/

(2)日本国内の新型コロナウイルス感染症に関する最新の報道については、こちらで確認できます。

<NHK NEWS Web Easy (やさしい日本語)>

https://www3.nhk.or.jp/news/easy/?utm_int=all_header_menu_easy

大使館登録の呼びかけについて

日本滞在中は、母国の在日大使館あるいは領事館に連絡先を登録することをお勧めします。これにより、日本及び母国における緊急時に、大使館等が皆さんを手助けし、皆さんの家族・親戚が必要な情報を入手して安否確認等をすることができます。詳細は母国の在日大使館又は領事館に問い合わせてください。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/link/embassy.html

火災保険の加入について

借りている居室やアパートに火災保険が付帯されているか分からない場合、担当者に確認してください。水漏れなどにより大家さんや階下の居室への賠償責任が発生し、JET参加者が支払いを求められるという事例が何件か報告されています。水漏れの場合、階下の他人の居室への賠償責任はJET傷害保険(賠償責任危険担保特約)でカバーされます。

一方、自分の借りている部屋の損害については大家さんへ賠償することになりますが、これは火災保険(借家人賠償責任担保特約)でないとカバーされません。

なお、火災保険への加入は任意ですが、賠償責任が発生した際の賠償金は高額になることが多く、CLAIRとしては火災保険への加入をお勧めします。また、火災保険だけではなく、地震保険にも加入しておくことをお勧めします。JET参加者の場合、住居を賃借している場合がほとんどですが、それでも家財に対する地震保険に加入することができます。自分のパソコンやTV、オーディオなど、地震で損失してしまった場合の対価と、保険料とのバランスを考え加入してみてはいかがでしょうか。

JETキャリアアップインターンシップ研修プログラム

インターンシッププログラム参加時点で2~5年目のJET参加者で、JLPTのN2以上を取得している皆さん!そして、JETプログラム終了後、日本での就職を考えている皆さん!今年もJETキャリアアップインターンシップ研修プログラムを実施する予定です。このインターシッププログラムでは、日本の企業で5日間の職場体験に参加できます。申請締切は2020年5月15日(金)までに延長しました

http://jetprogramme.org/ja/jetinternship/

JETプログラム日本語講座 (初、中、上級)

オンライン日本語講座の受講申込みが可能です。JETプログラム公式サイトにある日本語講座コースガイドを確認し、連絡先情報登録サイトから申し込んでください。10日までに申し込むと、翌月の一日から講座が始まります。開始後計画的にレッスンを進めてください。

http://deli3.study.jp/?multi
http://jetprogramme.org/en/languagecourses/

令和2年度英語教授法(TEFL・TESOL)取得支援事業

CLAIRでは、JETプログラム参加者の英語指導技術向上を目的として、英語教授法(TEFL・TESOL)取得支援事業を行っています。各任用団体に、2020年度の受講者募集の案内文と助成申請書の様式を5月1日までに送付します。助成申請書の様式は任用団体の担当者から受け取るか、JETプログラムホームページからダウンロードしてください。応募締切日は2020年5月29日(金)です。

http://jetprogramme.org/ja/tefl/

JET Programme Voicesの原稿募集について

読売新聞社の協力で「JET Programme Voices」というコラムを、定期的に英字新聞「ジャパン・ニューズ」に掲載し、JETプログラム参加者の経験談を世界各国の読者にお伝えしています。原稿の提出方法等についてJETプログラムのホームページに掲載しています。

http://jetprogramme.org/ja/jetvoices

2020年版JET参加者用ハンドブックについて

2020年版のJETプログラム参加者用ハンドブックが、JETプログラムのホームページに掲載され、以下のリンクからダウンロードできますのでお知らせいたします。

http://jetprogramme.org/ja/gih/

PAGETOP
Copyright 2015 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)