JET Life

JET Life
JET生活
JET生活小

JETプログラムの参加者は日本各地の任用団体へ配置され、その配置先は、ネオンの輝く大都市から、住民200人ほどの山村まで様々です。また、涼しい夏と厳しい冬がある北海道の海岸の町もあれば、沖縄の熱帯の離島に赴くこともあり、日本特有の変化に富んだ気候の中で生活し、働くことになります。そして、ALT、CIR、SEAそれぞれの仕事や生活環境は、多種多様です。工業技術やデザインなどの近代的な功績で名を馳せると同時に、人々が自然と強いつながりを持って生活しているように、相反する価値が共存する日本において、JET参加者は多文化的なバックグラウンドを共有し多様性を体現しています。JETプログラムは、1,000を超える自治体の人々と4,000人を超えるJET参加者とが互いに交流する場所なのです。

JET参加者としての経験はとても貴重なものです。職場や地域ではぐくんだJET参加者の輪、故郷の家族や友人を含む世界に広がるネットワーク、また世界中に散らばった延べ62,000人にも及ぶJET経験者の多様なコミュニティの一員として、JET参加者は他にはない役割を経験することになります。また、JET参加者として、出会う人々から影響を受けることによって、日本での生活が変化するでしょう。全てのJET参加者に当てはまる事とは、異文化について深く学ぶための機会が提供されること、それによって自身を成長させ、発見する機会が与えられるということです。

以下にJET参加者の「先輩たち」から貴重な経験に基づく「参加者の声」を掲載します。これらを読んでも、JET参加者としての自分がどのような生活を送ることになるかを正確に思い描くことはできないかもしれません。しかし、自分がJET参加者として活動を始める時に何が待っているかを、少しだけ知ることができるのではないでしょうか。

>> JETからの手紙

>> 参加者の声

PAGETOP
Copyright 2015 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)