よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくある質問
帰国後
厚生年金脱退一時金の請求手続きはどのようなものでしょうか?
脱退一時金の請求手続きは日本を出国する前から始まる長い手続きになります。詳細な説明については、JET参加者用ハンドブック(GIH)または、下記のページの脱退一時金のファイルをダウンロードしてご覧下さい。
>> JETプログラムを卒業したらのページはこちら
推薦状はどのようにして入手できますか?
推薦状は、任用団体から直接得るべきものです。日本においては推薦状を書くことが一般的ではなく、任用団体に対しどのようなタイプの手紙がふさわしいか説明する必要があるかもしれないことに注意してください(いくつか例文を挙げるのがよいでしょう)。推薦状はあなたの雇用主のみから発行されるべきものであるため、CLAIRや在外公館・大使館から発行することはできません。あなたの勤務時間数や遂行した業務仕事の詳細については、元任用団体のみが言及できます。
雇用証明はどのようにして入手できますか?
雇用証明や推薦状等に関する書類は、あなたの雇用主であった、かつての任用団体から発行されるものですので、CLAIRや在外公館・大使館から発行することはできません。元任用団体に連絡を取り、発行を依頼してください。
JETプログラムで得た教育経験は、母国での関係機関に移行できますか?
任用団体では勤務時間数や遂行した職務の概要について書類を発行することができますが、この経験が自国での関係機関に移行されるかどうかは個々の機関の考え方によります。
JETAAにはどうやって参加すればよいですか?
JETAAは、日本とJETプログラムに参加している国々の相互理解をさらに深めることを目的とした組織です。現在、15の国と地域52支部で約26,000名の会員が活動しています。主な活動内容として、JETプログラムの応募選考や出発前オリエンテーションでの在外公館の支援をはじめ、帰国者へのサポートや情報提供、日本に関するイベントの企画を行っています。各JETAA支部では、それぞれにウェブサイトを運営しており、ニュースレターの発行や定期的な会合を開催しています。 参加を希望される方は、下記のページをご参照ください。
>> JETプログラム同窓会JETAAのページはこちら
住所変更届はどのように提出すればよいですか?
元JET参加者に関連した行事などについてCLAIRから情報提供を行いますので、住所の変更があった場合には当ホームページからCLAIRにご連絡ください。なお、現役JET参加者の方は、任用団体を通して住所変更届をCLAIRに提出してください。
新規JET参加者の出発前準備の支援をしたいのですが、どうしたらよいですか?
住所地を管轄するJETAA支部、又は在外公館にご連絡ください。

PAGETOP
Copyright 2015 by the Council of Local Authorities for International Relations (CLAIR)